ゴールデンウィークあれこれ

子どもたちが工作したり、遊具をつくったり、あそぼうパンを焼くための棒に使ったり、竹がたくさん活躍しています。

古くなったり、短くなったり、火を焚く薪にしていたりだんだん少なくなってきます。

松原のあそび場を日ごろから支えてくれている方が、竹をとって来てくれました。子どもたちがどう使うか楽しみ!

自分で作った剣にペンキで色を塗っていると、憧れの眼差しで見ている子がいました。ぼくもやってみたいなぁ~とかぼくもほしいなぁ~って声が聞こえてきそうです。

ゴールデンウィークはだんだん暖かくなってきたこともあって水あそび・泥あそびが盛り上がっていました。

初めは恐る恐る足から入っていましたが、常連の子の豪快な飛び込みをみて10分後ぐらいには思い切りジャンプして飛び込んでいました。

雨が降ったとき…ではないけれど、ホースで雨を降らせて雨体験コーナーができていました。なぜか、おもちゃを入れている箱に合羽が入っていたので男の子がそれを着て雨にとびこんでいました。

おかけん